話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

新田渉世(にった しょうせい)


元ボクシングOPBF東洋太平洋バンタム級王者、川崎新田ボクシングジム会長。
1967年、神奈川県出身。横浜国立大学卒業。リングネーム:新田勝世。

 小学6年の時に読んだ漫画【 あしたのジョー 】に衝撃を受けてボクサーを目指すようになる。その後は布団で作ったサンドバッグを打ち込み、減量のために食事制限をするなどボクシング漬けの日々を送った。
 中学時代は自分を追い込むため勉強には一切手をつけず、テストも白紙で出していたが、中学3年生の1年間だけ勉強に励むと成績が急上昇。進学する気は全くなかったが母親に説得され地元の進学校に進学。
 ボクシング部がなかったため自ら創部しようとしたが、学校に却下されたためサッカー部に入部。ボクシングに役立てるため下半身の強化に励み、高校3年で金子ジムに入門して本格的にボクシングを始める。一方で受験勉強にも励み、横浜国立大学教育学部に合格した。
 87年、大学2年でプロデビュー。デビュー戦を1回KO勝利を飾り、「現役国大生ボクサー」として注目された。なお大学は6年かけて卒業し、教職免許も取得。在学中には同じジムの練習生だった女性と結婚して子供ももうけ、「子連れ国大生ボクサー」としても話題になった。
 日本王座には3度挑戦するもいずれも失敗に終わったが、96年にチャンピオン・呉張均を判定で破り、OPBF東洋太平洋バンタム級王座を獲得。日本初の国立大学卒のチャンピオンとなった。
 97年の初防衛戦で判定負けして現役を引退。引退後アルバイトを経て家族とともに渡米し、1年間サンフランシスコで生活した後帰国。3年間サラリーマンとして会社勤めをした後、03年にボクシングジムを開設した。現在日本プロボクシング協会理事なども務めている。
 プロ通算戦績:34戦23勝(17KO)9敗2分け。

LAST UP 2013/02/16
 
作品
【 著書・関連書籍 】 by Amazon.co.jp

トップページへ戻る

Copyright(c)2013 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ