話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

錦織圭(にしこり けい)


プロテニス選手:日清食品所属。1989年12月29日生、島根県出身。
青森山田高校通信制課程卒業。身長177cm、体重70kg。

 4歳上の姉の下に二人姉弟の弟として生まれる。世界で活躍して欲しいという願いから外国人にも呼びやすい『ケイ』と名づけられた。
 ぜんそく持ちだったこともあって身体を鍛えるため1歳で水泳を始め、ピアノやサッカーも習ったが、父親が海外旅行のお土産として子供用ラケットを買ってきたのがきっかけで、5歳でテニスを始める。コーチ経験もある父の指導を受け、6歳で「グリーンテニススクール」に入会すると、小学6年で全国選抜ジュニア、全国小学生、全日本ジュニアのジュニア3大タイトルを制覇。同年の松岡修造主催の合宿「修造チャレンジ」では高校1年の有力選手を破り、注目を集めた。
 開星中学1年の時に全日本ジュニア選手権14歳以下ダブルスで優勝し、翌03年から「盛田正明テニス・ファンド」のサポートを受けてアガシ、セレシュ、シャラポワらを輩出した名門「IMGニック・ボロテリー・テニスアカデミー」に留学。米国フロリダでテニス漬けの生活を送り、06年5月に全仏オープンジュニアダブルスで優勝、日本男子初の4大大会ジュニア制覇を成し遂げた。
 07年にプロ転向。08年デルレイビーチ国際選手権で松岡修造以来16年ぶり、日本男子二人目となるATPツアー優勝。ソニーと所属契約を結び、北京五輪にも出場。全米オープンでは日本男子71年ぶりのベスト16に進出し、08年度のATPワールドツアー最優秀新人賞を受賞した。
 しかし09年に右ひじの疲労骨折が判明して内視鏡手術を受ける。10年のデルレイビーチ国際で約1年ぶりにツアー復帰(1回戦敗退)し、同年全仏オープンに初出場(2回戦敗退)。
 11年はユニクロと5年間のスポンサー契約を締結し、2度目の全豪オープンで初勝利を挙げて日本男子46年ぶりの3回戦進出。上海マスターズではベスト4に入り、自身と松岡修造の46位を上回る日本男子歴代最高の世界ランキング30位となる。スイス室内準決勝では、日本男子として史上初めて世界ランク1位(ノバク・ジョコビッチ)に勝利。決勝はロジャー・フェデラーに敗れたが、世界24位に上昇。
 12年1月の全豪オープンで日本男子80年ぶりのベスト8入りして世界20位になると、3月には16位となる。ロンドン五輪では日本男子シングルス88年ぶりの勝利をあげて準々決勝進出。ジャパン・オープンでは日本男子史上初のツアー2勝目をあげ、世界15位となった。なお11年にソニーとの契約が終了し、12年に日清食品と3年間の所属契約を結んでいる。
 13年は全米室内選手権で全試合ストレート勝ちでツアー3勝目を達成し、マドリード・オープンでは3回戦で元世界1位ロジャー・フェデラーを破る大金星を挙げる(準々決勝敗退)。全仏オープンでは日本男子75年ぶりの16強入りし、世界13位に上昇。翌週は11位にランクされた。
 ジャンプしながら放つフォアハンドショット『エアK』を武器に活躍し、日本人男子初の4大大会優勝も期待されている。

LAST UP 2013/06/17
 
作品
関連人物
杉山愛 福原愛 柳井正
関連項目
リオオリンピック特集>選手名鑑

トップページへ戻る

Copyright(c)2013 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ