話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

中垣内祐一(なかがいち ゆういち)


バレーボール全日本男子監督。1967年11月2日生、福井県出身。筑波大学卒業。194cm、94kg。ポジション:オポジット。ニックネーム:ガイチ。

 子供の頃は野球少年だったが、中学校の顧問の先生に誘われバレー部に入部。しかし強豪ではなく、県下の進学校・福井県立藤島高校入学後もさほど熱心ではなかったが、3年生の時に北信越大会ベスト8に進出したのをきっかけにバレーに目覚め、名門・筑波大学に一般入試で進学。
 大学入学後本格的にバレーに取り組み始めるも初めは練習についていけなかったが、関東大学リーグでもまれるうちに才能が開花。4年生で全日本に初選出されると、デビュー戦のNHK杯対カナダではスパイク決定率70%という鮮烈な全日本デビューを飾った。
 90年に新日鐵(現堺ブレイザーズ)に入部。1年目から大活躍してリーグ優勝に貢献し、MVP、猛打賞、ベスト6、新人賞を受賞。その後も日本リーグ・VリーグでMVPと敢闘賞を3度、ベスト6を9度受賞するなど90年代を代表するスーパーエースとして活躍し、92年バルセロナ五輪では6位入賞。絶大な人気を獲得し、ファンレターが1日1000通を超えることもあったという。
 04年に現役を引退し、堺ブレイザーズ監督に就任。05-06年の第12回Vリーグでは優勝に導き、優勝監督賞に輝いた。
 09年に退任。全日本男子コーチをなど務めた後バレーを離れ、堺の経営母体・新日鉄住金で3年間営業を担当していたが、16年4月に堺ブレイザーズのGMとして現場復帰。同年10月に全日本男子監督に内定した。
 同年11月に交通事故を起こし、日本バレーボール協会からけん責処分を受け、公的活動を自粛。17年5月に大阪簡易裁判所から罰金70万円の略式命令を受けて納付。6月に活動を再開した。
 グラチャン開催中!全日本男子メンバー

LAST UP 2017/09/13
 
作品
【 著書・関連書籍など 】
関連人物
石川祐希 植田辰哉 越川優 清水邦広 津曲勝利 深津英臣 福澤達哉 山本隆弘
関連項目
グラチャン2017全日本男子メンバー

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ