話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

内藤大助(ないとう だいすけ)


元プロボクサー、元WBC世界フライ級チャンピオン:宮田ジム所属。
1974年8月30日生、北海道出身。北海道豊浦高校卒業。身長164cm。

 生まれてすぐに両親が離婚し、兄とともに民宿を営んでいた母親のもとで育てられる。家庭は貧しかったもののさほど不自由を感じることなく暮らしていたが、中学2年から一転、深刻ないじめに遭う。胃潰瘍ができるほど辛かったが誰も助けてくれず、中学時代はずっと孤独だったと言う。
 高校進学後はいじめもなく、彼女も出来るなど楽しい学校生活を送り、アルバイトをしていた観光ホテルへの就職も内定。しかし上司とのトラブルをきっかけに採用を取り消されたため、高校卒業後埼玉に住む兄を頼って上京した。なお高校時代に母親が再婚したため、それまでの「太田」姓から「内藤」となっている。
 上京後「いじめられていた自分でも強くなれるかもしれない」と言う想いから20歳でボクシングを始めると、96年のプロデビュー戦で1回KO勝ち。98年に全日本新人王を獲得し、01年には無敗のまま日本王者・坂田健史に挑むも引分けに終わったが、その後も連勝を続け、02年には敵地・タイで世界王者、ポンサクレック・ウォンジョンカムに挑戦。しかしフライ級世界戦史上最短記録となる1回34秒KO負けを喫した。
 大きなショックを乗り越えて再起すると04年に日本王座を獲得し、初防衛戦では日本タイトルマッチ史上最短となる1回24秒KO勝ち。翌年のポンサクレックとの再戦には敗れたが、06年に東洋太平洋王座を獲得すると、07年に3度目の挑戦でポンサクレックに判定勝ちしてWBC世界フライ級王座を獲得した。
 初防衛戦で亀田大毅に判定勝ちし、09年5月の防衛戦は当初の中国開催予定から試合3日前に急遽東京開催に変更になるハプニングがあったが、見事判定勝ちで5度目の防衛に成功。しかし11月の6度目の防衛戦では亀田興毅に判定で敗れ王座から陥落した。
 10年4月に次男が誕生、2児の父となって迎えた5月の再起戦は5回KO勝利。しかしその後は試合から遠ざかり、11年11月に現役引退を表明した。
 プロボクシング通算戦績:42戦36勝(23KO)3敗3分け。

LAST UP 2011/11/12
 
作品
関連人物
金平桂一郎

トップページへ戻る

Copyright(c)2011 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ