話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

長嶋一茂(ながしま かずしげ)


タレント、元プロ野球選手。1966年1月26日生、東京都出身。
立教大学卒業。身長182cm、体重86kg。右投右打。

 読売ジャイアンツ・長嶋茂雄(当時現役、現終身名誉監督)の第一子として生まれる。誕生日は両親の結婚記念日(結婚は65年)。二男二女の4人兄弟で次女・三奈はスポーツキャスター、次男・正興は元レーシングドライバー。
 幼い頃から体が大きく、運動神経も良くて田園調布小学校4年の時にリトルリーグに入団して野球を始める。自分から言い出したことで、父から野球をやれと言われた事は一度もないという。
 しかしマスコミの取材攻勢に遭って5年生で退団。野球から遠ざかったが、父の巨人軍監督解任をきっかけに立教高校(現立教新座高校)入学後再開。ピッチャーを目指すも肘を壊してバッターに専念すると、初心者同然ながら恵まれた体格を生かして2年生から4番打者として活躍。しかし3年夏の県予選準決勝で敗れ、甲子園出場はならなかった。
 父の母校でもある立教大学進学後は1年生からレギュラー入りして東京六大学野球で活躍。4年春秋とベストナイン(三塁手)に選出され、父の8本を越えるリーグ戦通算11本塁打を記録。キャプテンを務めたほか大学選抜にも選ばれ、日米大学野球、アジア選手権に出場。87年ドラフト会議ではヤクルトと大洋が1位指名し、ヤクルトスワローズ(現東京ヤクルトスワローズ)に入団した。巨人(当時王貞治監督)の1位指名はPL学園の橋本清。
 関根潤三監督のもと1年目の88年4月に初ヒットをホームランで飾るもレギュラー獲得はならず。野村克也監督に代わっても状況は変わらなかったが、92年に半年間アメリカ1Aのベロビーチ・ドジャースに留学し、シーズン終了後長嶋茂雄が監督に復帰した巨人に金銭トレード。
 巨人でもレギュラー獲得はならなかったが、93年にセ・リーグ通算3万号となるホームランを放つ。長嶋茂雄現役時代の1塁ベース踏み忘れによる幻のホームランがもたらした記録となった。
 96年オフに長嶋監督から戦力外通告され現役を引退。スポーツキャスター、タレント、俳優として活躍する一方、05年から読売巨人軍球団代表特別補佐を務め、「長嶋茂雄ドリームプロジェクト」の統括ディレクターも担当。11年1月に特別補佐を退任し、新設の野球振興アドバイザーに就任した。なお99年に仁子夫人と結婚し、04年に双子の女児が誕生している。
 通算成績:384試合 161安打 18本塁打 82打点 打率.210 8盗塁。

LAST UP 2017/06/19
 
作品
関連人物
荒木大輔 池山隆寛 桑田真澄 デーブ大久保 中島国章 原辰徳 元木大介

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ