話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

室伏重信(むろふし しげのぶ)


元ハンマー投げ選手。1945年10月2日生、中国・河北省出身。
日本大学卒業。息子は室伏広治、娘は投てき選手の室伏由佳。

 子供の頃から人並外れた体格と腕力でずば抜けて相撲が強く、中学時代に大相撲・時津風部屋から熱心なスカウトを受けて角界入りを決意。しかし60年のローマ五輪を見て砲丸投げに興味を持ち、自分でも始めてみるとわずか数週間の練習で出場した大会で2位に入賞。その後出場した県大会を見ていた日大三島高校の教師・田中誠一(現・浜松大学教授)の熱心な誘いを受けて同校に進学した。
 陸上部に入部して本格的に投てき種目を始めるとハンマー投げの面白さを知って練習に打ち込むようになり、高校2年の時に全国大会で優勝し高校記録も更新。3年の全国大会ではハンマー投げのほか砲丸投げ、円盤投げと三種目で優勝し、ハンマー投げでは自身の持つ高校記録も更新した。
 日大進学後は68年のメキシコ五輪を目指して猛練習に励むも3年生から極度のスランプに陥り、大学を卒業して大昭和製紙(現・日本製紙)に入社した後も全く記録が伸びず五輪代表から落選。落選を機に8ミリカメラを使ってフォームの研究に取り組み、試行錯誤を繰り返してスランプを脱すると、その後も研究を重ねて独自の技術「倒れ込み」を身に付け、オリンピック代表4回(モスクワ五輪を含む)、アジア大会5連覇、日本選手権は10連覇を含む12回の優勝を達成して「アジアの鉄人」と呼ばれ、 84年には39歳で日本記録75m96を樹立した。
 なお69年に遠征先のポーランドでやり投げのルーマニア代表選手セラフィナ・モリツと出会い、その後は文通を重ねて結婚。長男・広治、長女・由佳をもうけたが現在は離婚している。
 引退後は中京大学体育学部の教授として後進の指導に当たり、04年のアテネ五輪では日本選手団陸上競技のコーチも担当。11年3月に教授を退職したが陸上部には顧問として残り、投てき種目の指導を続けると言う。

LAST UP 2011/08/30
 
作品
関連人物
室伏広治

トップページへ戻る

Copyright(c)2011 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ