話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

村田兆治(むらた ちょうじ)


野球解説者。1949年11月27日生、広島県出身。
福山電波工業高校(現・近畿大学附属福山高校)卒業。

 広島県庁の職員で町会議員も務めた父親が大の広島カープファンだったため子供の頃から毎日ラジオでカープを応援し、広島市民球場にも度々足を運んだ。
 近所に少年野球チームがなかったため小学生時代はソフトボールに取り組み、中学入学後野球部に入部して本格的に野球を始める。最初はキャッチャーだったがすぐにピッチャーに転向。コントロールは悪かったが球の速さが評判になり、県内の強豪・広島商業や尾道商業などから誘いを受けたが、当時まだ無名だった福山電波工業高校に進学。力を付け始めていた同校野球部でエースとして活躍したものの甲子園には出場できなかったが、持ち前の速球が注目を集めて多くのプロ球団からスカウトを受けた。
 自身の希望は広島カープだったが指名権を獲得した東京オリオンズ(後のロッテオリオンズ、現・千葉ロッテマリーンズ)にドラフト1位で入団。制球の悪さを克服するため、1年目から独自の投球フォーム作りに取り組み、2年目には初勝利を初先発初完封で飾るなど6勝を挙げる。「マサカリ投法」が形になってきた4年目には12勝を挙げたものの現状に満足できず、更なるレベルアップのためにフォークボールの習得を始めた。
 74年は12勝を挙げてチームの日本一に貢献。76年には21勝を挙げて最優秀防御率、最多奪三振のタイトルも獲得。81年には開幕11連勝を含む19勝を挙げて最多勝を獲得するなどエースとして活躍していたが82年5月に右ひじ痛を発症。83年8月に渡米しフランク・ジョーブ博士のもとで当時はまだタブーとされていたひじの手術を受ける。
 手術は成功し帰国後の懸命なリハビリで順調に回復すると84年8月、2年を超えるブランクを乗り越えて復活登板を果たした。85年4月に復帰後初勝利を飾るとそのまま開幕11連勝を達成、毎週日曜日に登板し『サンデー兆治』のニックネームで人気を集めてオールスターにファン投票1位で選出、シーズン17勝を挙げてカムバック賞も受賞した。
 89年5月に200勝を達成し、平成になって最初の名球会入り。同年には最優秀防御率のタイトルも獲得し、翌90年には40歳ながら10勝を挙げる活躍を見せたが自身のこだわりである「先発完投」が難しくなったため現役を引退した。
 引退後は野球解説者として活躍する一方、95年から3年間福岡ダイエーホークスの投手コーチを担当。05年に設立した長崎県対馬市の市民球団「まさかりドリームス」では監督兼投手を務め、プロ野球マスターズリーグ・東京ドリームスでも投手として活躍している。05年に野球殿堂入りした。
 通算成績 604試合 215勝 177敗 33セーブ 防御率 3.24。

LAST UP 2007/10/26
 
作品
関連人物
元木大介

トップページへ戻る

Copyright(c)2007 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ