話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

森昌子(もり まさこ)


歌手。1958年10月13日生、栃木県出身。堀越高校卒業。本名:森田昌子。

 父・常夫さんが若い頃にバンドのボーカルとして鳴らし、『NHKのど自慢』で優勝したこともある大の歌好きだったため幼い頃から指導を受け、近所でも歌のうまい親子として評判になる。
 中学1年の時に叔母に連れられるままオーディション番組『スター誕生!』に出場し、初代グランドチャンピオンとなる。父は歌手になることを反対したがホリプロ社長の説得もあり、ホリプロ入りした。
 『スター誕生!』で募集した芸名「森昌子」となり72年、中学2年の時に【 せんせい 】でデビュー。なお【 せんせい 】は1度レコーディングを終了したが、出来上がりに不満だった常夫さんの要望により再度レコーディングが行われた。
 【 せんせい 】はヒットし、桜田淳子、山口百恵とともに「中3トリオ」として人気を博す。しかし桜田、山口とはプライベートでの交流はほとんどなかったという。
 小野学園女子高校に進学したが多忙でまともに通えず、1年の2学期から堀越高校に転校。77年に【 なみだの桟橋 】を発売して本格的に演歌歌手として活動を始めると、83年に【 越冬つばめ 】が大ヒットし、日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞した。
 ハードスケジュールなどの影響で歌を続けていくか悩んでいた頃、共演した森進一に励まされたことで親しくなり、85年に第1回「じゃがいもの会」チャリティーコンサートに参加し、その後交際を始める。85年の『NHK紅白歌合戦』では紅組司会とともに大トリを務めた。白組トリは森進一。
 86年に森進一と結婚。結婚式のテレビ中継の視聴率は45.3%を記録した。結婚を機に芸能界を引退し、三男をもうける。引退後も「じゃがいもの会」チャリティーコンサートへの出演は続け、02年からは森進一とジョイントコンサートを始めたが05年に離婚。
 06年に芸能界に復帰し、再デビュー曲【 バラ色の未来 】を発表、同年の紅白歌合戦にも出場した(15回目)。08年3月にホリプロを退社、個人事務所を設立して独立した。

LAST UP 2008/05/16
 
作品
関連項目
2006年第57回NHK紅白歌合戦出場者一覧

トップページへ戻る

Copyright(c)2008 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ