話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

三屋裕子(みつや ゆうこ)


元株式会社テン・アローズ代表執行役社長、元バレーボール日本代表。
1958年、福井県出身。筑波大学卒業。同大学院修士課程修了。身長177cm。

 子供の頃は身体が弱く家にこもりがちだったが、小学4年から急激に身長が伸び始め、小学校卒業時に170cmに到達。中学入学後一度はバドミントン部に入部したが、コンプレックスだった高身長を生かせるバレー部に移籍。当時【 サインはV 】【 アタックNo.1 】の影響で100人を超える部員がいたが、1年の夏からレギュラー入り。3年の夏には全国大会に出場、1回戦で敗退したが大会最長身選手として注目された。中学時代は陸上部にも所属し、走り高跳び、走り幅跳びで好成績を残している。
 多くの強豪校、実業団から誘われ、前年に史上初の高校3冠を達成した名門・八王子実践高校に進学。入学後すぐにレギュラー入りしたが直後に右肩を故障、慣れない寮生活や厳しい練習で精神的にもボロボロになった上、心臓も患い、練習はおろか通学さえままならないほど衰弱した失意の1年を送る。
 その後立ち直るとバレーのほか教師を目指して勉強にも励み、筑波大学に進学。大学時代にレフトからセンターに転向し79年、大学3年で全日本に初選出。 80年のモスクワ五輪は金メダル候補だったが日本がボイコットした。
 81年に大学を卒業して日立に入社し、日本リーグ6連覇、88連勝を達成した日立黄金時代の一員として活躍。第17回日本リーグで記録したスパイク決定率57.4%は現在も破られていない。日本代表としても84年のロサンゼルス五輪では銅メダルを獲得した。
 バレーの合間を縫って勉強にも励み、82年に東京都教員採用試験に合格。ロサンゼルス五輪を最後に現役を引退し、同年9月に国学院高校に体育教師として着任。85年4月からは学習院大学に移る。その後退職し筑波大学大学院で学ぶ傍らスポーツキャスターとしても活躍、89年にはベストジーニストに選ばれた。
 04年6月、株式会社シャルレ代表取締役社長に就任。同社は06年に商号を株式会社テン・アローズに変更。07年6月の株主総会で同社の社長職を解任された。

LAST UP 2007/08/13
 
作品
関連人物
北野大 中田久美 萩原美樹子
関連項目
リオオリンピック特集>過去のメダリスト

トップページへ戻る

Copyright(c)2007 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ