話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

道下美里(みちした みさと)


陸上競技選手(視覚障がい者マラソン):三井住友海上所属。
1977年1月19日生、山口県出身。旧姓:中野。身長144p。

 山口県下関市で本屋を営む家に、3人兄姉の末っ子として生まれる。小学4年で目の病気を発症。毎日1時間おきの点眼を強いられるも中学2年で視力が0.1まで低下し、度重なる角膜移植手術の末右目を失明する。
 高校時代は再度の角膜手術で長期欠席もあったが、それ以外はごく普通の女子高生として過ごし、アイドルを目指したこともあったという。
 短大卒業後レストランで働き、自分の店を持つのを目標に調理師免許も取得したが、25歳で左目も罹患。レストランを辞め、手術を受けるも左目の視力も低下した(現在は0.01以下)。この頃に、それまで原因不明だった病気が「膠様滴状角膜ジストロフィ」という遺伝性のものだと判明している。
 母親の勧めで盲学校に入学すると、たくさんの仲間から刺激を受けて前向きになり、陸上競技にも取り組むようになる。卒業後マッサージ師や鍼灸師をしながら陸上を続け、中距離に限界を感じてマラソンに転向すると、初マラソンを3時間38分36秒で完走。翌09年の国際盲人マラソンかすみがうら大会で初優勝を飾った(3時間26分44秒)。
 14年4月のIPCマラソンワールドカップで銀メダル獲得し、12月に地元山口県で行われた防府読売マラソンでは当時の世界記録(2時間59分21秒)で優勝。視覚障がい者女子マラソンが正式種目に採用された16年リオパラリンピックでは銀メダルを獲得した。
 なお09年に結婚した建築業の男性は短大時代のアルバイト先の先輩で、初めて会った日に「好きです。結婚しよう」と言われたという。当時は別に恋人がおり、卒業後疎遠になったが8年後に再会。この時も「結婚しよう」と言われ「今は陸上が恋人」と断ったが、後に交際を始めた。

LAST UP 2017/06/25
 
作品
【 著書・関連書籍 】 by Amazon.co.jp
関連人物
鈴木ひとみ
関連項目
リオパラリンピック特集

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ