話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

米良美一(めら よしかず)


カウンターテナー。1971年、宮崎県出身。洗足学園音楽大学卒業。

 難病「先天性骨形成不全症」のため生まれつき全身の骨が弱く、子供の頃は骨折を繰り返して寝たきりの入院生活を送ることも多く、学校では深刻ないじめに遭っていたという。
 病気に苦しむ一方、幼い頃から美空ひばりに憧れて演歌や歌謡曲に親しみ、民謡教室にも通って歌唱力を磨くと、米良の歌を聴いた近所の大人たちは感動のあまり涙を流したという。
 その後松田聖子の大ファンになってポップスやクラシックにも興味を持ち、高校時代にアイドル歌手を目指すようになると本格的にクラシックを学んで洗足学園音楽大学に進学。19歳の時に友人の薦めで聴いたカウンターテナーのCDに感動し、それまでのテノールからカウンターテナーに転向した。なお大学時代にはアルバイトで銀座の高級クラブでも歌ったという。
 大学を首席で卒業し、95年にデビューアルバム【 アリアンナの嘆き 】を発売。96年に2枚目のアルバム【 母の歌〜日本歌曲集 】を発売すると同アルバムの【 城ヶ島の雨 】に感動した映画監督・宮崎駿の依頼で97年に映画【 もののけ姫 】の主題歌を担当。映画とともに曲も大ヒットしカウンターテナーの存在を日本に広めた。
 96年にはオランダに留学。現在、海外でもコンサートやCDのリリースなどを行い高い評価を受けている。

LAST UP 2007/06/14
 
作品   
関連人物
鈴木敏夫

トップページへ戻る

Copyright(c)2007 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ