話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

松尾雄治(まつお ゆうじ)


元ラグビー日本代表、成城大学ラグビー部監督。
1954年、東京都出身。明治大学卒業。

 父親がラグビー好きで経験者だったため幼い頃からラグビーに親しむ。小学3年の時に両親が離婚、以後父親のもとで育てられた(その後父は再婚した)。小学5年でラグビースクールに入会、身体が小さかったため(現役時代の身長は172p)、スクラムハーフのポジションを与えられ以後大学3年までスクラムハーフ一筋。
 成城学園中学、高校でもラグビー部に入部したが高校1年生の時、部員の学力低下などにより、部が活動を停止したため、自宅近くにグラウンドがあった明治大学ラグビー部で練習するようになり、同大の北島忠治監督(当時)の勧めでラグビーの名門・目黒高校(現・目黒学院)に転校した。名門校ゆえの厳しい練習に耐え2年連続で全国大会に出場し3年生では全国大会準優勝。自身の希望は早稲田大学進学だったが、かつて世話になった明治大学との縁を優先し同大学に進学した。
 明治大学では名将・北島忠治監督のもと1年目からレギュラーとなり大学選手権で優勝。大学3年の時に日本代表に初選出され海外遠征に参加。レギュラーを獲得しスクラムハーフとして高い評価を受けたが、遠征中に明大ラグビー部に新しいスクラムハーフが育っていたため、帰国後、手薄だったスタンドオフにコンバートされた。当初はコンバートに落胆し、大学を移ることも考えたが父から励ましを受け、スタンドオフ転向を受け入れた。以後はスタンドオフとして活躍し、4年生の時には大学選手権で優勝、日本選手権でも三菱自工京都を破り、明治大学初の日本一に輝いた。
 大学卒業後の76年に新日鐵釜石に入社。 77年に新日鐵釜石初の日本選手権優勝。 82年からは監督兼任となり、79年から85年まで日本選手権7連覇を達成した。日本代表でも不動のスタンドオフとして活躍し主将も務めるなど、日本ラグビー界を代表するスタープレーヤーとして活躍した。
 日本選手権V7を達成した試合を最後に現役を引退。引退後はスポーツキャスター、日本ラグビーフットボール協会普及育成委員などを務め、04年に成城大学ラグビー部監督に就任した。

LAST UP 2007/01/14
 
作品
関連人物
大八木淳史 長谷川理恵 平尾誠二

トップページへ戻る

Copyright(c)2007 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ