話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

増田明美(ますだ あけみ)


元マラソン選手、スポーツジャーナリスト。
1964年1月1日生、千葉県出身。法政大学中退。

 アニメ【 エースをねらえ! 】に憧れ、中学校で軟式テニス部に入部。2年生の時に助っ人として出場した町内駅伝大会で快走したのがきっかけで陸上部にも入部すると、3年生の県大会800mで千葉県新記録で優勝。全国大会でも4位に入賞し、名門・成田高校の瀧田詔生監督から直々に誘われて進学。
 しかし入学後は貧血に悩まされて練習についていけず、一時は部を離れたが、半年のブランクを果て復帰すると3年生の時に、3000m、5000m、1万m、10km、20km、30km、フルマラソンの7種目で日本新記録を樹立。20kmマラソンでは世界新記録を出し、「天才ランナー」、「女瀬古」と呼ばれて注目を集めた。
 いくつかの企業から誘いを受けた末、高校卒業後地元の川崎製鉄千葉(現・JFEスチール)に入社。それまでなかった陸上部を創部して増田と瀧田監督が迎え入れられたが、入社後再び貧血に悩まされるようになり、83年1月の大阪国際女子マラソンでは貧血で倒れて途中棄権。そのまま病院に運ばれ引退も考えたが、その頃出会った宗茂・猛兄弟にマラソンの楽しさを教えられて復帰すると、9月のオレゴンTCマラソンでは日本記録を大幅に更新して優勝(自己記録の2時間30分30秒)。84年1月の大阪国際女子マラソンで2位に入り、女子マラソンが正式種目に採用されたロス五輪代表の座を獲得した。
 しかし再び体調を崩し、自分のために開かれた五輪壮行会を無断欠席するほど精神的にも追い詰められ、メダルが期待された84年ロサンゼルスオリンピックは16km地点で途中棄権。失意を抱えて帰国し、引退を表明して川崎製鉄を退社した。
 教師を目指して法政大学に進学したもののマラソンを諦めきれずに中退し、86年にNECアメリカに入社してオレゴン大学に陸上留学。2年間過ごして自立心を身に付ける。88年大阪国際女子マラソンでは完走するも自己ワースト記録だったが、89年東京国際女子マラソンでは日本人最高となる8位に入賞した。
 92年大阪国際女子マラソンを最後に現役を引退。現役時代は発展途中にあった女子マラソンのパイオニアとして活躍する一方で度重なる貧血に苦しめられた。
 引退後は解説者、タレントとして活躍し、94年にはTVドラマ【 ブスでごめんね! 】にも出演。05年にファイナンシャルプランナーの井脇祐人と結婚し、07年には小説【 カゼヲキル 】を出版して作家デビューを果たした。
 近年はマラソン解説での語り口が話題になり、テレビ番組等でナレーションを務めることも多く、現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説【 ひよっこ 】でもナレーションを担当している。

LAST UP 2017/06/28
 
作品
関連人物
有森裕子 金哲彦 小出義雄 瀬古利彦 高橋尚子 千葉真子
関連項目
北京オリンピック特集>北京五輪関連項目(解説者など)

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ