話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

旭鷲山昇(きょくしゅうざん のぼる)


政治家、元大相撲力士。1973年3月8日生、モンゴル・ウランバートル出身。
本名:ダヴァー・バトバヤル。最高位 小結。身長180cm、体重141kg(現役時)。

 体重4500グラムで生まれる。祖父がモンゴル相撲の力士だったこともあって子供の頃からモンゴル相撲に親しみ、中学時代はレスリングでも活躍。全国中学生レスリング大会で銀メダルを獲得した。
 91年、テレビで見た日本の大相撲の力士募集の広告に応募。翌92年に行われた選抜大会で準優勝して同年2月に来日し、大島部屋に入門。同年の三月場所で初土俵を踏むと、95年の三月場所で十両に昇進。 96年の九月場所では新入幕を果たし、モンゴル人初の幕内力士となった。
 97年の三月場所では小結昇進を果たすなど、「技のデパート・モンゴル支店」と呼ばれる活躍は祖国にも伝えられ、モンゴルの国民的英雄となった。 2000年には恵まれない人々への支援を目的とした「旭鷲山発展基金」を設立するなど福祉活動も積極的に行い、母国の発展に貢献している。2000年にはモンゴル人女性と結婚。04年には早稲田大学通信課程に入学した。
 06年十一月場所で現役を引退。同場所まで続いた平幕在位連続58場所は歴代1位。かつては入門当初のモンゴル大使館への脱走騒動や朝青龍とのいざこざでも話題になった。
 08年6月、モンゴル国民大会議(国会)総選挙に立候補し、当選した。

LAST UP 2008/07/01
 
作品   

トップページへ戻る

Copyright(c)2008 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ