話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

工藤公康(くどう きみやす)


福岡ソフトバンクホークス監督。背番号81。1963年5月5日生、愛知県出身。名古屋電気高校(現・愛知工業大学名電高校)卒業。175cm、85kg。左投左打。

 父親が大の巨人ファンで負けると怒り出したため子供の頃は野球が嫌いだったものの、父親は草野球チームのキャッチャーでもあり、幼い頃から練習相手として強制的にピッチャーをやらされる。生来の負けず嫌いから練習に打ち込み、投球技術の研究にも励んで、名門・名古屋電気高校からスカウトされて進学。
 3年夏に甲子園出場を果たし、初戦(2回戦)の長崎西高戦ではノーヒットノーランを達成してベスト4進出。高い評価を受けるもプロ入りを拒否し、社会人・熊谷組入りを表明したが、ドラフト6位で強行指名した西武ライオンズの管理部長・根本陸夫に説得されて入団した。
 しかしプロ入りする気がなかったため甲子園終了後全く練習せず、体重が15キロ増えるほどの不摂生がたたって1年目は1勝に終わる。大いに悔いてその後は練習に打ち込み、4年目の85年に最優秀防御率を獲得。翌年は初の二桁勝利(11勝)を挙げて日本一に貢献し、日本シリーズMVPを獲得。87年は最優秀防御率、最高勝率の二冠と2年連続のシリーズMVP、正力松太郎賞も受賞。91年に自己最多の16勝、93年にはパ・リーグMVPを獲得するなどエースとして西武黄金時代を支えた。
 94年オフにFAで福岡ダイエーホークスに移籍し、在籍5年で3度の二桁勝利のほか最多奪三振、最優秀防御率も獲得し、99年に日本一を達成。リーグMVPにも選ばれたが、同年オフに今度は巨人にFA移籍。以降7年間で3度二桁勝利を挙げ、日本一も2度達成して「優勝請負人」と呼ばれ、04年には史上23人目の通算200勝を達成した。
 07年に巨人にFA移籍した門倉健の人的補償選手として横浜ベイスターズに移籍し、『ハマのおじさん』として7勝(6敗)を挙げる。08年は実働27年となり、プロ野球史上最長記録を更新したが、左ひじの故障で1軍登板3試合に終わり、84年以来の未勝利に終わった。
 09年はリリーフに転向して初ホールドを記録。自身のセ・リーグ最年長勝利記録も更新したが、戦力外通告を受けて古巣・埼玉西武に復帰。実働29年となった10年は10試合に登板するも未勝利(0勝2敗防御率10.50)に終わって戦力外通告を受け退団した。
 11年は球団に所属せず浪人生活を送り、シーズン終了後横浜DeNAベイスターズ初代監督の就任要請を受け、就任確実と言われたが破談となり、現役引退を発表した。
 14年11月、秋山幸二の後任として福岡ソフトバンクホークスの監督に就任。1年目の15年は圧倒的な強さでパ・リーグを制し、日本シリーズも制覇。16年1月には野球殿堂入りを果たした。
 16年シーズンはリーグ2位、クライマックスシリーズではリーグ覇者の北海道日本ハムに敗れた。
 なお90年に結婚した雅子夫人との間には2男3女をもうけて子沢山として知られ、長男の阿須加は俳優、長女の遙加はプロゴルファーとして活躍している。14年に筑波大大学院人間総合科学研究科体育学専攻に入学したが、監督就任により休学している。
 現役通算成績:635試合224勝142敗3セーブ 防御率3.45 奪三振2859。

LAST UP 2017/06/04
 
作品
【 著書・関連書籍など 】
関連人物
イチロー デーブ大久保 城島健司 原辰徳 三浦大輔 水野雄仁 山本昌

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ