話題の人物豆知識/ワダマメドットコム
 

越和宏(こし かずひろ)


スケルトン選手:システック所属。1964年12月23日生、長野県出身。
仙台大学体育学部卒業。身長173cm、体重81kg。

 幼い頃にスキーを始め、小学校からは陸上(短距離)、水泳にも取り組む。中学3年で投てきに転向すると高校時代は円盤投げで県大会、砲丸投げでは北信越大会にも出場した。
 卒業後仙台大学に進学し、オリンピックを狙えるボブスレー部に入部。しかしハードな練習に耐えられずに1ヶ月で退部しその後はアメフト部に所属していたが、ずっとボブスレーへの思いは消えず4年の秋にボブスレー部に復帰。卒業後も職を転々としながら競技を続け、世界選手権にも出場した。
 しかし92年アルベールビルオリンピックの代表から落選したのをきっかけにスケルトンに転向。当時日本に選手も指導者もおらず手探りでの挑戦だったが、大会初出場となった92-93年シーズンの世界選手権で29位に入り、翌シーズンからワールドカップ(W杯)に参戦すると98-99年に日本人初となる3位入賞、99-00年の長野大会では初優勝を果たした。
 00-01年に2度目のW杯優勝を飾ると、54年ぶりにスケルトンが正式種目として復活した02年のソルトレークシティーオリンピックでは日本選手団最年長の37歳で出場して8位入賞。06年のトリノオリンピックにも最年長41歳で出場して11位だった。
 トリノ後去就が注目されたが現役を続行し、07年6月には日本初のスケルトンのクラブチーム「スケルトンクラブ」を設立。同年12月の全日本選手権では2年連続、通算7度目となる優勝を達成した。
 3大会連続の五輪となるバンクーバーオリンピックは冬季五輪日本選手史上最年長の45歳で出場し、20位だった。

LAST UP 2010/02/20
 
作品
【 著書・関連書籍 】 by Amazon.co.jp
関連人物
法華津寛
関連項目
ソチオリンピック特集>選手名鑑>過去の出場選手

トップページへ戻る

Copyright(c)2010 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ