話題の人物豆知識/ワダマメドットコム
 

小林幸子(こばやし さちこ)


歌手。1953年12月5日生、新潟県出身。麹町学園女子高校卒業。
本名:林幸子(旧姓:小林)。

 精肉店を営む家に生まれる。父親の影響で幼い頃から演歌を歌い、のど自慢大会にも出場。9歳の時には父親が応募したテレビ番組『歌まね読本』に出場し、美空ひばりや松山恵子の歌まねで優勝、グランドチャンピオン大会でも優勝して審査委員長を務めていた作曲家・古賀政男に見込まれて弟子入り。週に1度新潟、東京を往復してレッスンに励んだ後単身上京し、64年に10歳で【 ウソツキ鴎 】(作詞:西沢爽 作曲:古賀政男)でデビューした。
 【 ウソツキ鴎 】は大ヒットし、天才少女と騒がれたが、同時に「第二の美空ひばり」、「美空ひばり二世」と呼ばれたことが反感を買って仕事が激減。69年にはデビュー直後に起こった新潟大地震の影響で実家の精肉店が閉店し、家族が幸子を頼って上京してきたため15歳から年をごまかしてキャバレーで歌い、家族を支えた。
 低迷期はレコード会社を渡り歩いてレコード発売を続けたもののヒット曲が出ずにいたが、79年に【 六時、七時、八時あなたは… 】のB面だった【 おもいで酒 】が有線放送から火が点き、200万枚を突破する大ヒット。全日本有線放送大賞、日本レコード大賞・最優秀歌唱賞などを受賞し、念願の『NHK紅白歌合戦』初出場も果たした。
 その後も【 とまり木 】や美樹克彦とのデュエット【 もしかしてPARTII 】などのヒット曲に恵まれ、98年には劇場版ポケットモンスター【 ミュウツーの逆襲 】のエンディングテーマ【 風といっしょに 】がヒット。08年には芸能生活45周年を迎え、記念曲【 楼蘭 】や記念アルバム【 絆 】を発売。同年には紅白歌合戦30回連続出場を達成し、島倉千代子の持つ紅組歌手最多連続出場記録に並ぶ。翌年も出場して単独最多となり、11年の第62回紅白歌合戦で連続記録を33回に伸ばす。
 11年には8歳下の医療関係の会社社長・林明男氏と結婚し、姓が小林から林となった。
 12年の紅白に落選し、連続出場記録がストップ。15年に特別企画で4年ぶりに紅白に復帰したが、16年は落選した。

LAST UP 2017/06/20
 
作品
関連人物
綾小路きみまろ 島倉千代子 美川憲一
関連項目
2011年第62回NHK紅白歌合戦出場者一覧

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ