話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

木内幸男(きうち ゆきお)


元高校野球指導者。1931年7月12日生、茨城県出身。土浦第一高校卒業。

 旧制土浦中学(現土浦一高)1年の時、父親が作った草野球チームで野球を始める。それほど野球好きではなかったものの父親から強制的にやらされ、その後土浦中学の野球部に入部。3年生の時には主将を務めたが、夏の県大会で自らのエラーでサヨナラ負け。慶応大学に合格したもののエラーの責任を感じて進学せず、土浦一高に残って野球部コーチに就任した。
 51年には監督代行に昇格し、安藤統男(後の阪神監督)らを指導したが、56年に退任して同じ茨城の取手第二高校野球部監督に就任。同校は数年前まで女子高で野球部も創部間もなかったが「木内マジック」と呼ばれる名采配でチームを率いて77年夏に自身初、同校初の甲子園出場を果たすと、84年夏の甲子園では決勝で桑田・清原率いるPL学園を破って初優勝を遂げた。
 直後の84年秋、今度は前年に開校したばかりの常総学院高校の野球部監督に就任。再び「木内マジック」でチーム作りを進めると、87年の初出場以降甲子園常連校となり、01年春に同校初の甲子園優勝。03年夏の甲子園決勝ではダルビッシュ有(現北海道日本ハム)擁する東北高校を破って自身3度目の甲子園優勝を飾り、監督を勇退した。
 その後は同校副理事、野球部総監督を務めていたが、07年秋に監督復帰して08年夏の甲子園に出場(初戦敗退)。09年は4月に千代子夫人を病気で亡くしたが(享年78)、悲しみを乗り越えて臨んだ夏の県大会では戦後初となる4連覇を達成。しかし甲子園では4年連続となる初戦敗退に終わり、故・松田昇監督(明徳義塾)の76歳を抜く甲子園最高齢勝利記録の更新はならず。準決勝で敗れた11年夏の県大会を最後に監督を勇退した。
 高校球界屈指の名将として名を馳せ歴代5位の甲子園通算40勝を記録(11年11月現在)。土浦一高の安藤統男のほか、取手二高の松沼博久・雅之兄弟(元西武)、常総学院の仁志敏久(元巨人)、金子誠(現北海道日本ハム)など数多くの教え子をプロ野球に送り出している。なお長年に渡って高校野球を指導したが教員免許は持っておらず、教員ではない。

LAST UP 2011/11/10
 
作品
関連人物
桑田真澄 仁志敏久 水野勝仁

トップページへ戻る

Copyright(c)2011 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ