話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

北島康介(きたじま こうすけ)


元水泳選手:平泳ぎ。日本コカ・コーラ所属。 1982年9月22日生、東京都出身。日本体育大学卒業。身長178cm、体重72kg。

 5歳の時に名門「東京スイミングセンター(東京SC)」で水泳を始める。92年バルセロナ五輪で高校生ながら4位入賞した林享に感動してオリンピックに憧れるようになった。
 ジュニアオリンピック優勝などの好成績を残すもさほど期待された選手ではなかったが、中学2年から平井伯昌コーチの指導を受けてメキメキ上達し、3年生の時に全国中学校選抜大会の平泳ぎ100m、200mで優勝。
 特待生の誘いもあったが東京SCに近い本郷高校に進学し、1年生でインターハイ優勝、2年生で200m平短水路日本記録をマーク。2000年の日本選手権100mでは憧れの林享を破って優勝し、日本記録も更新。シドニー五輪100mでは準決勝で日本記録を更新し4位に入賞した(200mは予選落ち)。
 01年に日体大に進学し、01年、02年と日本選手権3冠を連覇(50m、100m、200m)。02年アジア大会200mで世界記録を更新すると、03年世界選手権では100m、200mの2種目で世界記録を更新。
 04年アテネ五輪では平泳ぎ100m、200mで金メダルを獲得し、メドレーリレーでも銅メダルを獲得。100m後の「チョー気持ちいい」は流行語大賞を受賞した。
 05年に大学を卒業して日本コカ・コーラと所属契約を結び、プロスイマーとなる(日体大大学院にも進んだが水泳に専念するため06年に自主退学)。05年、06年と日本選手権200mで敗れる波乱もあったが、07年は世界選手権200m、世界競泳100m、200mで金メダルを獲得。
 08年4月の日本選手権では100mで9連覇を達成し、200mでは5年ぶりに自らの日本記録を更新。6月のジャパンオープンではスピード社の水着「レーザー・レーサー(LZR)」を着用し、50m、100mで自らの日本記録を更新すると200mではライバル、ブレンダン・ハンセンの記録を破る世界新記録を樹立した。
 北京五輪では世界新で100m金メダルを獲得。200mは五輪新記録で金メダルを獲得し、2大会連続2種目制覇の偉業を成し遂げた。五輪2種目連覇は日本競泳史上初。400mメドレーリレーで銅メダルも獲得し、閉会式では旗手を務めた。
 10年4月、2年ぶりに出場した日本選手権では50m予選で日本記録を更新するも50m2位、100m2位、200m4位と無冠に終わる。しかしパンパシフィック選手権では100m、200mの2冠を達成。
 11年の日本短水路選手権では50m、100m、200mの3種目全てで短水路日本新をマークし三冠を達成。同年の世界選手権では100mは4位、200mは銀メダルを獲得した。
 12年4月、日本選手権100mを日本記録で優勝。4大会連続となるロンドン五輪では100m5位、200m4位に終わったが、400mメドレーリレーで銀メダルを獲得。松田丈志が語った「(康介さんを)手ぶらで帰らせるわけにはいかない」は2012年の新語・流行語大賞のトップテンに選ばれた。
 13年は日本選手権100mで優勝、世界選手権は400mメドレーリレーで銅メダルを獲得。同年9月、【 girl next door 】のボーカル・千紗と結婚した。
 16年の日本選手権で100m、200mともリオデジャネイロオリンピック出場権獲得を逃し、現役引退を表明した。

LAST UP 2016/07/08
 
作品
【 著書関連書籍など 】 by Amazon.co.jp
関連人物
岩崎恭子 鈴木大地 萩原智子 平井伯昌 松田丈志
関連項目
リオオリンピック特集>関連項目>過去のメダリスト

トップページへ戻る

Copyright(c)2016 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ