話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

木の実ナナ(きのみ なな)


女優。1946年7月11日生、東京都出身。
城西高校中退。本名:池田鞠子(いけだ まりこ)。

 終戦間もない46年、東京の下町・向島にトランペット奏者の父と元ダンサーの母の間に生まれる。両親とも日本人だが子供の頃からハーフに間違われ、いじめにも遭ったと言う。
 病弱な身体を鍛えるため5歳でバレエを始めるとすぐにのめり込み、ダンサーに憧れるようになったが、中学3年の時、友達の付き添いで受けた渡辺プロ主催の新人オーディションで優勝、大反対した父親を説得して芸能界入りした。
 62年に歌手「木の実ナナ」として【 東京キカンボ娘 】でデビューするもレコードは売れなかったが、同年にテレビ番組『ホイホイ・ミュージック・スクール』の司会に抜擢されると同番組は高視聴率を記録。木の実も人気を集めたが番組終了と同時に低迷、前座歌手をする日々が続いたため69年に渡米し、1年間本場のミュージカルを学んだ。
 帰国後自ら応募した劇団四季のミュージカル【 アプローズ 】のオーディションに合格。【 アプローズ 】は昭和の大スター・越路吹雪の主演でヒットし、木の実自身も高い評価を受けて舞台女優としての地位を確立した。越路とは共演を機にプライベートでも親しく付き合うようになり多大な影響を受けたと言う。
 その後も【 ショーガール 】【 阿OKUNI国 】【 伝説の女優 】など多くの舞台に出演して日本ミュージカル界のトップスターとして活躍。82年には五木ひろしとのデュエット【 居酒屋 】が大ヒットした。現在は舞台を中心にテレビドラマなどでも活躍している。

LAST UP 2008/09/30
 
作品   
関連人物   
五木ひろし 菊川怜

トップページへ戻る

Copyright(c)2008 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ