話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

木村沙織(きむら さおり)


元プロバレーボール選手。1986年8月19日生、東京都出身。下北沢成徳高校卒業。ポジション:WS。身長185cm。ニックネーム:サオリ。

 ママさんバレーをしていた母親の影響で、小学2年で本格的にバレーを始める。成徳学園中学校(現下北沢成徳中学校)時代は2つ上の先輩・大山加奈らと練習に打ち込み、3年生の時に全日本中学校選手権優勝。全国都道府県対抗中学大会でも優勝してJOC・JVAカップ、オリンピック有望選手を受賞した。
 高校では03年の春高で優勝、同年は全日本にも初選出されワールドカップに出場。怪我の鈴木洋美に代わって急遽召集されたものだったが、メグカナ人気に沸いた同大会で「スーパー女子高生」として注目を集めて全日本に定着し、アテネ五輪にも出場。
 05年に東レに入団。05-06年の第12回Vリーグでは開幕戦からスタメン出場し、新人賞を受賞。07/08V・プレミアリーグでは東レの初優勝に貢献し、ベスト6賞を初受賞した。
 08年4月には親友で元全日本の横山友美佳がガンで死去。悲しみを乗り越えて臨んだ5月の世界最終予選でも活躍し、五輪出場権獲得に貢献。北京五輪は2大会連続の5位。
 08/09V・プレミアリーグで女子初の2連覇を達成すると、翌年は3連覇を達成してMVPを初受賞。10年の世界選手権では32年ぶりのメダル(銅)を獲得した。
 10/11V・プレミアリーグは東日本大震災の影響で打ち切りとなり4連覇はならず、準優勝に終わったが敢闘賞を初受賞。11/12は2年ぶりの優勝を飾って5年連続5回目のベスト6賞を受賞。
 ロンドン五輪最終予選でもエースとして出場権獲得に貢献、ロンドン五輪では28年ぶりの銅メダルを獲得した。
 五輪後トルコ1部リーグの強豪、ワクフバンクに年俸1億円で移籍。12/13シーズンは控えが多かったものの、47戦全勝の3冠(トルコカップ、ヨーロッパチャンピオンズリーグ、トルコリーグ)を経験。
 当初は12/13限りでの引退を決意していたが、眞鍋政義全日本監督の説得もあって現役を続行し、全日本の主将に就任。13年6月、同じトルコ1部リーグのガラタサライ・ダイキンに移籍した。
 14年6月、2年ぶりに東レに復帰。東レの日本人選手では初のプロ契約となる。16年は自身4大会連続となるリオオリンピックに出場(日本は準々決勝敗退)、12月に元バレー選手の日高裕次郎と結婚。17年3月に現役を引退した。
 「サオリン」の愛称でバレー界のアイドルとして人気を集め、11年にはフォト&エッセイ【 Saori 】も出版している。

LAST UP 2017/08/04
 
作品
【 著書・関連書籍など 】
関連人物
荒木絵里香 石島雄介 大竹里歩 大山加奈 田代佳奈美 中道瞳 堀川真理 峯村沙紀 柳本晶一 米山裕太
関連項目
リオオリンピック特集>選手名鑑>過去のメダリスト

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ