話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

川相昌弘(かわい まさひろ)


元プロ野球選手。1964年9月27日生、岡山県出身。岡山南高校卒業。
右投右打。176cm、75kg。

 巨人ファンだった父親の影響で幼い頃から野球に親しみ、小学生でソフトボールを始める。中学校で本格的に野球を始めると、1年生からエースとして活躍。弱小校ゆえ目立った成績は挙げられなかったものの才能を高く評価され、名門・岡山東商業などの強豪から誘われたが、あえて当時まだ無名に近かった岡山南高校に進学。
 エースとして2度甲子園に出場し、2年夏は1回戦敗退。3年春は2回戦で早稲田実業の荒木大輔に完封負けを喫すも大学、社会人、プロから誘いを受け、三菱重工神戸入社が内定。しかし82年のドラフト会議で4位指名した巨人に入団した。4位では異例の3球団が競合している(巨人、近鉄、ヤクルト)。同期は荒木大輔の外れ1位の斎藤雅樹ら。
 投手としての指名も入団後すぐ野手になり、2年目の84年に1軍初昇格、85年には初犠打となる送りバントを決める。初期は内外野を問わず守備固めでの出場が多かったが、89年にショートのレギュラーを獲得してゴールデングラブ賞を初受賞。90年には和田豊(阪神)を抜くシーズン最多犠打記録を樹立(58犠打)し、翌年66に更新。シーズン最多記録は01年に宮本慎也(ヤクルト)に抜かれたが、03年には世界記録となる通算512犠打を達成。長年に渡ってバント職人、名遊撃手として巨人を支えた。88年に結婚した秀美夫人は高校の1年後輩で5人の子供をもうけている。
 当初は03年限りで引退し、原辰徳監督の下1軍コーチ就任予定が、原監督が電撃解任(後任は堀内恒夫)。その余波で2軍コーチへの格下げを言い渡されたため、引退を撤回して中日ドラゴンズにテスト入団。代打や守備固めで活躍し、06年にはメンタルアドバイザーにも就任、同年に現役を引退して中日の内野守備走塁コーチに就任した。10年には二軍監督を務めたが、シーズン終了後中日を退団し、8年ぶりに巨人に復帰して二軍監督に就任。一軍ヘッドコーチ、三軍監督を歴任し、二軍監督を務めた18年シーズン限りで退団した。
 通算成績:1909試合 1199安打 43本塁打 322打点 打率.266 47盗塁 533犠打。

LAST UP 2018/11/22
 
作品
【 著書・関連書籍など 】
関連人物
上原浩治 桑田真澄 篠塚和典 高橋由伸 仁志敏久 原辰徳 元木大介

トップページへ戻る

Copyright(c)2018 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ