話題の人物豆知識/ワダマメドットコム
 

片岡鶴太郎(かたおか つるたろう)


俳優、コメディアン、画家。1954年12月21日生、東京都出身。
東京都立竹台高校卒業。本名:荻野繁雄(おぎの しげお)。

 東京の下町・荒川区西日暮里に二人兄弟の長男として生まれる。演芸好きの父に連れられ子供の頃から寄席に通って芸人に憧れるようになり、小学5年でオーディション番組『しろうと寄席』に出場、得意のものまねでテレビ初出演を果たす。
 高校時代は演劇部で部長を務め、卒業後芸人を目指して喜劇女優・清川虹子、俳優・松村達雄に弟子入り志願するもいずれも断られる。72年に声帯模写の片岡鶴八に弟子入りし、入門1ヶ月後に師匠の独演会の前座で初舞台を踏んだ。
 3年間の弟子修業の後コントグループ「隼ジュンとガンリーズ」に加入するも2年で脱退し、宴会場のショーやキャバレーの司会などをしていたが、78年に演芸公演「東宝名人会」のオーディションに合格。寄席に出演するとテレビからも声がかかり、81年からは【 オレたちひょうきん族 】に出演。マッチ(近藤真彦)のものまねで大ブレイクし、10本を超すレギュラー番組を持つ売れっ子タレントになった。
 お笑いで活躍する一方、86年に出演したドラマ【 男女7人夏物語 】で芝居に目覚めてその後も「金田一耕介シリーズ」や【 季節はずれの海岸物語 】などで性格俳優として人気を集め、88年の映画【 異人たちとの夏 】では日本アカデミー賞最優秀助演男優賞、ブルーリボン助演男優賞などを受賞。
 33歳の時にはプロボクシングのライセンスを取得。年齢制限(30歳未満)により本来はプロテストの受験資格がなかったが特例で認められた。試合出場はないが鬼塚勝也、畑山隆則のマネージャーを務め、世界王座獲得に貢献した。
 39歳から描き始めた墨彩画は人気を集め、現在は画家としても活躍。個展の開催、画集の出版のほか美術館、工藝館も開館している。13年には第69代横綱・白鵬の化粧まわしをデザインした。なお絵を描き始めた後、祖父が羽子板の絵師だったのを知ったという。
 15年には書道界の芥川賞と言われる「手島右卿賞」を受賞。17年にはインド政府公認「プロフェッショナルヨガ検定・インストラクター」に合格、ヨガ親善大使に就任することも決まった。

LAST UP 2017/06/13
 
作品
関連人物
綾小路きみまろ ガッツ石松 金平桂一郎 具志堅用高 畑山隆則

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ