話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

假屋崎省吾(かりやざき しょうご)


華道家、假屋崎省吾 花・ブーケ教室主宰。
1958年12月17日生、東京都出身。早稲田大学卒業。

 区役所職員の父と専業主婦の母の間に生まれる。妹がいるので二人兄妹。自宅は借家だったが庭があったため幼い頃から両親とともに園芸に興じて土や草花に親しんだほか、争い事を嫌い穏やかで美しいものを好んだ母親の影響を受けて育ったため、少年時代はスポーツには興味を持たず、ヴァイオリンやピアノを習い、料理にも夢中になった。
 ピアニストを目指していたが自分の限界を知り断念。二浪して明治大学に入学したが大学になじめずに中退し、翌年早稲田大学に入学したもののやはり大学生活になじめずにいたが、その頃テレビで観た生け花に興味を持ち、大学在学中の83年、24歳で華道・草月流に入門し、家元・勅使河原宏の下で生け花を学び始める。
 大学卒業後アパレル会社に就職したが華道に専念するため3ヶ月で退社。以後スーパーやマクドナルドでアルバイトをしながら花の稽古に励み、86年に草月出版新人賞を受賞。87年に初の個展を開催すると以降個展やイベントの会場構成、展覧会などを行って高い評価を受け、数多くの賞を受賞。91年に独立してフリーになり、92年に「STUDIO LEAF」、「假屋崎省吾花教室」を設立した。なお26歳の時に父親を亡くし、94年には最愛の母親も他界している。
 華道家として活躍する傍ら、98年に出演したテレビ番組『たけしの誰でもピカソ』が話題になってテレビ出演の機会が増え、現在はタレントとしても活躍。07年には都内に総額18億円といわれる豪邸を建てたことでも話題になった。

LAST UP 2009/05/23
 
作品

トップページへ戻る

Copyright(c)2009 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ