話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

上川徹(かみかわ とおる)


元サッカー審判員。1963年、鹿児島県出身。東海大学体育学部卒業。

 幼い頃は野球少年だったが、小学3年の時、学校にスポーツ少年団ができたのをきっかけにサッカーを始めると足の速さを買われてFWに抜擢、6年生の時にはキャプテンを務めた。中学でもサッカー部に入部し、サッカー用具購入のために2年生からは新聞配達のアルバイトも行った。
 中学卒業後、高専サッカーの名門・国立鹿児島工業高等専門学校に進学。高専ゆえ全国高校選手権には出場できなかったが俊足、高身長の大型FWとして注目され、2年生の時に国体選抜、3年生からはユース日本代表に選出され欧州遠征にも参加した。
 高専3年修了後、東海大学に進学。ユニバーシアード代表候補にも選ばれたが、右ひざを故障したため4年生からはDFとしても起用され、関東大学リーグ1部昇格に貢献した。
 教師を目指して教員採用試験を受験したが不合格だったため、86年に大学を卒業してフジタ工業に入社し、日本リーグ・フジタ工業サッカークラブ(現・湘南ベルマーレ)に入団。しかし怪我も多く、選手としての限界を感じていた時、当時Jリーグ開幕に向けて行われた選手経験者向けの審判養成講座に応募し、審判としての活動をスタート。91年に選手を引退して審判に専念し、94年に1級審判員を取得した。
 95年からJリーグの副審を務め、96年から主審を担当。98年には国際主審に登録され、 2002年には日本サッカー協会からスペシャルレフェリー(SR)に認定された。02年にはAFCベストレフェリーにも選ばれ、03年・06年にはJリーグ優秀主審賞を受賞している。
 02年の日韓大会、06年のドイツ大会と2大会連続でワールドカップの主審を務め、ドイツ大会では日本人として初めて3位決定戦の主審を務めた。
 07年1月に審判員を引退し、トップレフェリーインストラクターに就任。今後は後進の育成に当たる。

LAST UP 2007/07/18
 
作品
【 著書・関連書籍 】 by Amazon.co.jp
関連人物
岡田正義

トップページへ戻る

Copyright(c)2007 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ