話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

城島健司(じょうじま けんじ)


元プロ野球選手:捕手。1976年6月8日生、長崎県出身。
別府大学附属高校(現・明豊高校)卒業。182cm、85kg。右投右打。

 父親の指導で幼い頃から野球に取り組む。父親に勧められたビデオや本を通して王貞治に憧れ、プロを目指すようになったという。
 小学4年で少年チームに入団すると、強肩を買われてキャッチャーに抜擢。中学時代も強肩強打の捕手として活躍し、3年生の時に参加した野球教室で王貞治の指導を受け、一層プロへの憧れを膨らませる。部活引退後ひたすらウエイトトレーニングに励んでさらなるパワーアップを果たし、高校でも入学直後から4番キャッチャーとして活躍。甲子園出場はならなかったが、高校通算70本塁打のスラッガーとして注目を集めた。
 プロ入りを拒否して駒澤大学に進学する予定だったが、94年ドラフト会議で強行1位指名した福岡ダイエーホークスの王貞治監督に説得されて入団。当初は捕手の能力を酷評されたが、2年目にウエスタン・リーグ新記録の25本塁打を放ち、3年目の97年に正捕手に指名されると、若菜嘉晴バッテリーコーチの指導を受けて成長。99年に球団初のリーグ優勝、日本一に貢献し、翌年リーグ連覇を達成。03年には捕手では野村克也以来史上二人目、40年ぶりの全試合フルイニング出場を果たして日本一に貢献し、パ・リーグMVPを受賞。04年は日本代表の4番打者としてアテネ五輪で銅メダルを獲得、シーズンでも打率.338、36本塁打と自己最高の成績を残した。
 打撃タイトルこそないが、在籍11年でベストナイン6回、ゴールデングラブ賞7回獲得し、05年オフにシアトル・マリナーズにFA移籍。メジャーリーグ初の日本人捕手ながら1年目から正捕手を務め、ア・リーグ新人捕手最多安打記録を樹立(147安打)。09年は第2回WBCで正捕手として大会連覇に貢献した。
 08年に契約を11年まで延長したが、09年終了後これを破棄。日本球界復帰を目指して退団し、真っ先に獲得に手を挙げた阪神タイガースに入団。復帰1年目の10年は全144試合でスタメンマスクをかぶり、8度目のゴールデングラブ賞を受賞、捕手史上初のセ・パ両リーグでの受賞となった。
 11年はオフに左膝を手術、開幕には間に合ったものの打撃不振に苦しみ、右肘痛で6月に登録を抹消、8月には左膝のクリーニング手術を受けシーズンを終了。12年も故障に苦しみ、捕手としてプレーできなくなったため、現役を引退した。
 現在は九州を中心にタレントとして活躍し、趣味を生かした釣り番組やゴルフ番組に出演している。
 ※通算成績
 日本プロ野球:1323試合 1406安打 244本塁打 808打点 打率.296 72盗塁。
 メジャーリーグ:462試合 431安打 48本塁打 198打点 打率.268 7盗塁。

LAST UP 2017/06/07
 
作品
関連人物
イチロー 工藤公康 原辰徳 星野仙一 藤川球児
関連項目
リオオリンピック特集>過去のメダリスト 2009WBC日本代表一覧

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ