話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

岩下志麻(いわした しま)


女優。1941年1月3日生、東京都出身。成城大学文芸学部中退。
本名:篠田志麻(旧姓:岩下)。夫は元映画監督の篠田正浩。

 父は俳優・野々村潔、母は女優・山岸美代子。伯父(母の姉の夫)は歌舞伎役者・四代目河原崎長十郎で、息子の俳優・長一郎、次郎、建三はいとこに当たる。
 生まれは銀座だが幼い頃を神奈川・鵠沼で過ごし、戦時中は信州・蓼科に疎開。小学4年から住む東京・吉祥寺の自宅近くに河原崎長十郎らが創設した劇団「前進座」があったため公演中は劇場に通い、アイスクリーム売りをしながら観劇した。
 都立武蔵高校進学後は精神科医を目指して猛勉強に励み、学年1位にもなったが2年生の時に病気で長期入院。休学したため進級できず、2年生をやり直すも勉強に意欲を失くしていた時に父の知人に紹介され、NHKドラマ【 バス通り裏 】に出演。1、2回のつもりが脚本家に気に入られて準レギュラーとなると、他の仕事も入るようになって本格的に女優活動を開始。それに伴い、明星学園高校に転校した。
 大学に進学した60年に映画会社・松竹に入社し、木下恵介監督作品【 笛吹川 】で映画初出演。同年に出演した【 乾いた湖 】で監督を務めていた篠田正浩と出会う。なお撮影は【 笛吹川 】が先だが公開されたのが早い【 乾いた湖 】が映画デビュー作となっている。
 その後も篠田監督作品のほか小津安二郎、野村芳太郎監督作品など数々の映画に出演して松竹の看板女優として活躍し、キネマ旬報主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞などを受賞。
 64年の【 暗殺 】撮影中に監督の篠田と親しくなり、ナイトクラブで一緒に踊っていた時に突然閃いて「監督さんと結婚するような気がするわ」と呟いたのがきっかけとなり交際を開始。看板女優ゆえ周囲の猛反対にあったが押し切って67年に結婚、73年に一人娘を出産した。なお家事をしないのが結婚の条件だったという。
 78年には【 はなれ瞽女おりん 】で第1回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。86年に出演した【 極道の妻たち 】はシリーズ化され、代表作の一つとなっている。

LAST UP 2011/09/22
 
作品
関連人物
波乃久里子

トップページへ戻る

Copyright(c)2011 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ