話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

岩崎恭子(いわさき きょうこ)


スポーツコメンテーター。元水泳選手:平泳ぎ。1978年7月21日生、静岡県出身。日本大学文理学部卒業。本名:斉藤恭子。旧姓:岩崎。

 3人姉妹の次女として生まれ、5歳の時、3歳上の姉・敬子さんが通っていた沼津SCで水泳を始める。両親が教育熱心だったため小学生の時は習字やピアノ、英会話も習った。なお姉・敬子さんも水泳選手として活躍し、高校時代にインターハイで優勝している。
 92年、中学2年でバルセロナオリンピックに出場。当初は千葉すずらの陰に隠れて期待も注目もされていなかったが、200m平泳ぎ予選で長崎宏子の持つ日本記録を9年ぶりに更新して2位で決勝進出。決勝ではオリンピック新記録を出し、五輪競泳史上最年少となる14歳6日で金メダルを獲得。レース後のインタビューでは『今まで生きてきた中で一番幸せです』の名ゼリフを残し、一躍国民的ヒロインになって恭子フィーバーを巻き起こした。
 94年に日本大学三島高校に進学。96年にはアトランタオリンピックに出場し、200m平泳ぎで10位、100mは予選落ち。97年に日本大学に進学し、98年の日本学生選手権を最後に現役を引退した。
 引退後は02年から1年間アメリカにコーチ留学するなど水泳の普及や指導に努め、日本水泳連盟競泳委員などを務める傍らスポーツコメンテーターとしても活躍。05年には写真集【 METAMORPHOSES 】を出版して話題になった。
 09年にラグビー選手の斉藤祐也と結婚。11年3月に第一子となる女児を出産した。

LAST UP 2011/03/29
 
作品
【 著書・関連書籍など 】
関連人物
北島康介 鈴木大地 萩原智子 平井伯昌 松田丈志
関連項目
リオオリンピック特集>過去のメダリスト

トップページへ戻る

Copyright(c)2011 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ