話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

井岡弘樹(いおか ひろき)


元ボクシング世界チャンピオン。タレント。1969年1月8日生、大阪府出身。

 中学1年の時、憧れのボクサー・赤井英和がいたグリーンツダジムに入門してボクシングを始めると、すぐに津田博明会長に才能を認められて名トレーナー、エディ・タウンゼントの指導を受けるようになる。
 中学卒業後定時制高校に入学したがすぐに中退してエディと一緒にジムに住み込んで練習に励み、17歳になると同時にプロライセンスを取得。86年1月に新設のミニ・フライ級(その後ストロー級、ミニマム級と名称が変更)の記念すべき第1戦でプロデビュー(KO勝ち)し、87年7月には18歳6ヶ月の史上最年少で日本王座を獲得。
 同年10月には初代WBC世界ストロー級王座決定戦に挑戦、判定で勝利し世界王者に輝いた。デビュー9戦目での世界王座獲得は具志堅用高に並ぶ当時の日本最短記録で、18歳9ヶ月での世界王者はファイティング原田を上回る国内最年少記録で現在も破られていない。なお同タイトルは2度防衛しているが初防衛戦の翌日に恩師・エディが死去、6人の世界王者を育てたエディ最後の愛弟子となった。
 91年にはWBA世界ジュニアフライ級(現ライトフライ級)王座に挑戦、当時無敗で17連続防衛中の王者・柳明佑(韓国)を破り、日本人3人目の2階級制覇を達成(同タイトルは2度防衛)。
 その後3階級制覇を目指して4度挑戦したがいずれも失敗し、98年に徳山昌守にTKO負けした試合を最後に現役を引退した。
 現在はよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属してタレント活動をする傍ら井岡ボクシングジムを経営。11年2月には同ジム所属でおいの井岡一翔が日本最短記録となるデビュー7戦目でWBC世界ミニマム級王座を獲得した。なお引退後改めて高校に入学して卒業し、大阪経済大学に進学している。
 プロ戦績:42戦33勝(17KO)8敗1分け

LAST UP 2011/07/11
 
作品
関連人物   
ガッツ石松 具志堅用高 徳山昌守 薬師寺保栄

トップページへ戻る

Copyright(c)2011 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ