話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

井上康生(いのうえ こうせい)


柔道男子日本代表監督。1978年5月15日生、宮崎県出身。
東海大学卒業。身長183cm、体重103kg。

 3人兄弟の三男として生まれる。警察官だった父・明さんの稽古姿に憧れて5歳で柔道を始め、小学4年で県大会優勝。5年、6年は全国大会を連覇し、中学時代も全国優勝を飾って「天才少年」と言われ、全国の柔道強豪校のほか相撲部屋からもスカウトされた。
 94年に名門・東海大相模高校に進学し、1年生でインターハイ団体、2年生で同個人戦優勝。3年生は高校選手権個人・団体で優勝したほか高校生としては山下泰裕以来21年ぶりとなる全日本選手権にも出場(2回戦敗退)。しかし連覇を目指したインターハイでは県予選決勝で敗退、悔し涙にくれると普段は優しい母・かず子さんが「あなたに2位は似合わない」と言って表彰状を破り捨てたという。
 97年に東海大学に進学し、同年に全日本学生体重別選手権で優勝。翌年の全日本選抜体重別選手権では決勝で次兄・智和と対戦したが判定負け。
 99年6月に最愛の母、かず子さんがくも膜下出血で急死。大きなショックを受けたが乗り越え、10月の世界選手権で初出場初優勝。2000年シドニー五輪では開会式で旗手を務めて「旗手は金メダルを獲れない」というジンクスを打ち破り、全試合一本勝ちで100キロ級金メダルを獲得。表彰式でかず子さんの遺影を掲げた姿が感動を呼んだ。
 01年に東海大大学院に進み、綜合警備保障にも入社。同年の全日本選手権では決勝で篠原信一を破って初優勝し、史上6人目となる五輪、世界選手権、全日本の三冠王者となる。03年には全日本3連覇、世界選手権3連覇を達成。しかし日本選手団主将を務め、金メダル確実といわれた04年アテネ五輪は4回戦でまさかの一本負け。敗者復活戦でも一本負けしてメダルなしに終わった。
 五輪後100キロ超級に転向。復帰戦となった05年1月の嘉納杯では優勝したが決勝で右大胸筋腱を断裂、全治6ヶ月の重傷で手術を受ける。リハビリ中に長兄・将明さんが急死して更なるショックを受けたが約1年半のブランクを経て復帰し、講道館杯、フランス国際で優勝。しかし07年の世界選手権は微妙な判定で敗れ、5位に終わった。
 08年にタレントの東原亜希と結婚。夫婦二人三脚で北京五輪を目指すもフランス国際は5位に終わる。全日本選抜体重別選手権は優勝したが、全日本選手権では準々決勝で敗退して五輪代表入りならず引退を表明。6月の全日本実業団体対抗大会で綜合警備保障を優勝に導き、有終の美を飾って現役を引退した。
 09年から英国にコーチ留学し、同年に第一子の長女、10年に長男が誕生。11年に帰国し、綜合警備保障を退社して東海大学体育学部武道学科専任講師兼柔道部副監督に就任。全日本男子代表コーチを務めた12年ロンドン五輪は史上初の金メダルなしに終わり、篠原信一監督が退任したため、11月に後任として監督に昇格した。
 13年に国際柔道連盟殿堂入り。15年には東海大学体育学部准教授に昇格。16年リオ五輪では金2を含む7階級全てでメダルを獲得し、男子柔道再建を果たした。

LAST UP 2017/08/28
 
作品
関連人物
上村春樹 斉藤仁 野村忠宏 山下泰裕 吉田沙保里 吉田秀彦
関連項目
ロンドンオリンピック特集>過去のメダリスト

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ