話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

井村雅代(いむら まさよ)


シンクロナイズドスイミング日本代表ヘッドコーチ。井村シンクロクラブ代表理事。
1950年8月16日生、大阪府出身。天理大学体育学部卒業。

 4人兄姉の末っ子として生まれる。小学4年で兄姉が通っていた名門水泳学校「浜寺水練学校」に入学。スポーツは苦手で水泳の成績も良くなかったが、熱心に練習し中学1年でシンクロに転向。今とは違い、水が汚く冷たい悪環境でもサボることなく練習して、69年日本選手権でチーム優勝。
 しかし翌年の大会で敗れて再度の優勝を目標にシンクロを続け、大学を卒業して中学校の保健体育科教師となった73年に日本選手権優勝。優勝を区切りに現役を引退、コーチの誘いを断り教師に専念したが、74年に臨時コーチを務めた時に見た選手達の真剣な練習姿に心を打たれて浜寺水練学校コーチに就任。
 31歳で教師を辞めてコーチ業に専念し、85年に独立して「井村シンクロナイズドスイミングクラブ」を設立した。教師時代の77年に同じく中学教師と結婚している。
 78年からは日本代表コーチも務め、同年世界選手権デュエットで銀メダルを獲得。スパルタ式の熱血指導で奥野史子、立花美哉、武田美保らを育て上げたほか「忍者」「空手」「日本人形」などの独創的なプログラムで世界を驚かせ、オリンピック正式種目となった84年のロサンゼルスから04年のアテネまで6大会連続でメダルを獲得。01年の世界選手権デュエット(立花・武田組)では日本初となる金メダルを獲得した(オリンピックの金メダルは獲得していない)。
 アテネ後に日本代表コーチを勇退すると、06年12月、五輪を控えた中国代表のヘッドコーチに電撃就任。短期間で鍛え上げ、08年北京オリンピックではデュエット4位、チームでは日本(5位)を上回って3位となり、中国シンクロ初の銅メダルを獲得した。
 北京五輪終了後中国代表ヘッドコーチを退任。元々五輪までの契約だったためで慰留を断り、その後は井村シンクロクラブで指導に当たっていたが10年夏、再び中国代表コーチに就任。11月のアジア大会ではデュエット、チーム、コンビネーションの3種目全てで金メダルを獲得。12年ロンドンオリンピックではデュエット銅、チーム銀メダルを獲得した。
 13年には2か月間イギリス代表コーチを務め、14年4月、10年ぶりに日本代表コーチに復帰。16年リオオリンピックでデュエット、チームで銅メダルを獲得した。デュエットは2大会ぶり、チームは3大会ぶりのメダル。自身はコーチとして9大会連続メダルとなった。

LAST UP 2017/06/25
 
作品
関連人物
宇津木妙子 小谷実可子 五明みさ子
関連項目
リオオリンピック特集>選手名鑑

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ