話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

原辰徳(はら たつのり)


読売ジャイアンツ監督。背番号83。1958年7月22日生、神奈川県出身。東海大学政治経済学部卒業。身長181cm、体重88kg。右投右打。

 高校野球監督・原貢を父に持ち、幼い頃に野球を始める。しかし英才教育を受けたわけでなく、中学2年の時に足首を複雑骨折した際は野球をやめるよう勧められたという。その後も続けて4番ピッチャーで活躍し、父が監督の東海大相模高校に進学。
 入学後本格的に父の指導を受けるようになり、「親子鷹」として注目を集めて1年生からクリーンアップを打ち、3年間で4度甲子園出場。2年春には準優勝を飾るなど高校球界のアイドルとして「原フィーバー」を巻き起こし、映画会社・東映からもスカウトされた。
 プロ入りを拒否して東海大に進学し、父も同大監督に就任。首都大学リーグで三冠王、MVP、ベストナインなど数々のタイトルを獲得し、80年秋のドラフト会議では1位指名で4球団が競合、同年引退した王貞治と入れ替わるように巨人に入団した。
 ゴールデンルーキーとして大きな期待を集めた81年は開幕戦からスタメン出場してオールスターにも出場し、打率.268、22本塁打で新人王を獲得。翌年は最多勝利打点、83年は2年連続の最多勝利打点とともに103打点で打点王も獲得し、セ・リーグMVPに輝いた。
 86年には自己最多の36本塁打を放つなど入団から12年連続で20本塁打以上を記録。『若大将』と呼ばれて長年巨人の4番を務め、89年日本シリーズでの満塁ホームランや92年ヤクルト戦での本塁打後のバット投げはファンの語りぐさになっている。
 95年に現役を引退。解説者を経て99年に巨人に復帰して野手総合コーチ、ヘッドコーチを歴任し、長嶋茂雄の後を受けて監督に就任すると02年、就任1年で日本一に導いた。
 翌年は3位に終わって1度退任したが、06年シーズンから監督に復帰し、07年、08年とセ・リーグを連覇。09年には日本代表監督として第2回WBCで大会連覇に導くと、同年のペナントレースでは3連覇を成し遂げ、7年ぶりの日本一奪回も果たした。
 10年はリーグ3位に終わり、クライマックスシリーズ(CS)でもセカンドステージで敗退。11年も3位に終わり、CSファーストステージで敗れた。
 12年は3年ぶりの日本一。交流戦、セ・リーグ、CS、アジアシリーズも制して、史上初の5冠を達成した。
 13年はリーグ連覇を果たすも日本シリーズで楽天に敗れる。14年はリーグ3連覇を達成したが、CSで阪神に敗退。15年はリーグ2位、CSファイナルステージでヤクルトに敗れ、監督を退任した(後任は高橋由伸)。
 18年に野球殿堂入り。同年10月、高橋由伸の後任として3度目の監督に就任した。
 現役通算成績:1697試合 1675安打 382本塁打 1093打点 打率.279 82盗塁。

LAST UP 2018/11/18
 
作品
関連人物
イチロー 江川卓 小笠原道大 川相昌弘 桑田真澄 篠塚和典 高橋由伸 デーブ大久保 仁志敏久 吉村禎章
関連項目
2009ワールド・ベースボール・クラシック日本代表一覧

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ