話題の人物豆知識/ワダマメドットコム
 

原田雅彦(はらだ まさひこ)


元スキージャンプ選手、チーム雪印コーチ。1968年5月9日生、北海道出身。
東海大学付属第四高校卒業。身長173cm、体重60kg。

 土建業を営む家に生まれる。子供の頃から運動神経抜群で徒競走では常に1位になるなどの活躍が評判になって「上川ジャンプ少年団」に誘われ、小学3年でスキージャンプを始める。
 中学1年で全国中学校大会を制すと翌年も優勝して「天才ジャンパー」として注目を集め、中学3年で世界ジュニア選手権に出場。高校時代は3年生の時にインターハイで優勝し、推薦で大学進学の誘いもあったが両親に金銭的負担をかけることを避けて雪印乳業に就職、アイスクリーム課に配属された。
 それまでは日本選手の中でも4、5番手に過ぎなかったが、91年に「V字ジャンプ」をマスターして才能が開花。一躍トップジャンパーの仲間入りを果たし、92年のアルベールビルオリンピックで個人ノーマルヒル(NL)14位、ラージヒル(LH)4位、団体4位。その後日本選手が次々とV字ジャンプをマスターして日本ジャンプ陣が躍進し、93年には世界選手権個人NLで優勝、日本人では札幌五輪の笠谷幸生以来21年ぶりの世界一に輝いた。なお同年に恵子夫人と入籍している。
 94年のリレハンメルオリンピックでは優勝候補だった団体でアンカーを務めたが、まさかの失敗ジャンプで銀メダルに終わる(個人NL55位、LH13位)。
 その後ルール改正や新鋭・船木和喜の台頭もあって一時は深刻なスランプに陥ったが乗り越え、95年にワールドカップ個人初優勝、97年には世界選手権個人LH優勝を成し遂げた(LHでの優勝は五輪・世界選手権を通じて日本人初)。
 雪辱を期した98年の長野オリンピックは団体で悲願の金メダルを獲得し、個人LHでも銅メダルを獲得(NL5位)。その後も99年世界選手権個人NH3位、団体2位、02年ソルトレークシティーオリンピック個人NL20位、LH20位、団体5位の成績を残したが、5大会連続の五輪となった06年のトリノオリンピックでは個人NL出場後スキー板の規定違反が発覚し失格となった。
 同年3月に現役を引退し、4月にチーム雪印のコーチに就任。現在も斉藤浩哉監督のもとでコーチを務めている。スキージャンプの中継で解説を務めることも多い。
開催中!ソチオリンピック特集

LAST UP 2010/03/04
 
作品
【 著書・関連書籍 】 by Amazon.co.jp 
関連人物
岡部孝信 葛西紀明
関連項目
ソチオリンピック特集>過去の出場選手>関連項目

トップページへ戻る

Copyright(c)2010 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ