話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

福原愛(ふくはら あい)


元卓球選手。1988年11月1日生、宮城県出身。
早稲田大学スポーツ科学部中退。身長156cm。

 3歳9ヶ月の時、ママさん卓球の選手だった母親の指導で卓球を始める。その後は毎日練習し、93年に試合デビューすると、同年の全日本選手権バンビの部(小学2年以下)で4歳ながらベスト16に入り、『天才卓球少女』として一躍卓球界のアイドルになった。「泣き虫」として知られるが、実際に泣いたのは初期の負け試合だけで、その後は勝ち星を重ねているためほとんど泣いていない。
 翌年バンビの部初優勝を飾ると、年齢とともにクラスを上げながら7連覇。小学4年で宮城から大阪に転居し、「王子卓球センター」で『王子サーブ』を身に付け、99年に日本女子初のプロ卓球選手となる。同年には史上最年少で全日本選手権一般シングルスに出場してベスト64。中学校入学後、より卓球に打ち込める環境を求めて青森に引越し、青森山田中学に転校した。
 中学1年の時に全日本選手権ジュニアの部で史上最年少優勝(3年生まで3連覇)。02年には全日本選手権女子ダブルスで最年少優勝を飾るなど、小・中学生時代は国内のジュニアタイトルを総なめにし、あらゆる最年少記録を更新。小学3年から日本代表にも選ばれ、03年には初出場の世界選手権シングルスベスト8。
 15歳で出場した04年アテネ五輪はシングルスベスト16。05年全日本選手権では女子ダブルス3連覇を達成、混合ダブルスも制して史上最年少で一般2種目制覇。同年からは遼寧省チームに入団して中国超級リーグ(スーパーリーグ)に参戦、06年に広東省チームに移籍した。
 07年に早大に進学。08年世界選手権では女子団体銅メダルを獲得。北京五輪は歴代最年少、10代初の日本選手団旗手を務めたが、団体は4位。シングルスは4回戦で世界ランク1位の中国選手に敗れた。
 卓球に専念するため10年春に大学を自主退学し、同年の世界選手権団体で銅メダルを獲得。11年の世界選手権では岸川聖也との混合ダブルスで、この種目では日本勢34年ぶりの銅メダルを獲得した。
 12年の全日本選手権シングルスでは決勝で石川佳純を破り、13度目の挑戦で悲願の初優勝。同大会の全タイトル獲得となり、史上初のグランドスラムを達成。ロンドン五輪では団体で日本卓球史上初の銀メダルを獲得、シングルスでも自己最高のベスト8入りを果たした。
 五輪後右ひじを手術したが、13年の全日本選手権シングルスでは再び決勝で石川を破り、2連覇を達成。14年の全日本選手権は準決勝で敗退、左第5中足骨疲労骨折で世界選手権を欠場。
 16年リオオリンピックはシングルス4位。団体では銅メダルを獲得。五輪後の9月に台湾の卓球選手・江宏傑選手と結婚し、17年10月に第一子の女児を出産。18年10月、現役引退を表明した。

LAST UP 2018/12/02
 
作品
関連人物
杉山愛 錦織圭 浜口京子 山本博
関連項目
リオオリンピック特集>選手名鑑>過去のメダリスト

トップページへ戻る

Copyright(c)2018 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ