話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

江川卓(えがわ すぐる)


野球解説者。1955年、福島県出身。法政大学卒業。

 江川家の長男として福島県で生まれる。父親は生まれる前から長男をプロ野球選手にしたいと思っていたが特に野球の指導はしなかったという。
 その後静岡県に移り子供時代を静岡で過ごす。小学3年から天竜川で対岸に向かっての石投げを始めると、毎日続けたことで肩が鍛えられたうえ全身を使った投球ホームが身に付き、6年生の時には投げた石が80メートル程離れた対岸に届いたという。
 佐久間中学入学後野球部に入部。強肩ゆえレフトを守っていたが1年の途中からピッチャーも始める。中学2年の時、父の転勤に伴い栃木県に移住し小山中学に転校した。
 中学3年の時に県大会で優勝し強豪校から誘われるようになる。当初は小山高校への進学を予定していたが、中学3年の時に観た大学野球の早慶戦に感動し早大か慶大を目指し、当時早慶への進学の可能性が高かった作新学院に進学した。
 高校時代はノーヒットノーラン12回、そのうち2回が完全試合。 139イニング連続無失点、145イニング連続無失点など「怪物」の名を欲しいままにした。甲子園には3年生の春・夏と2度出場(春・ベスト4、夏・2回戦敗退)。怪童・尾崎行雄や池永正明と並び賞され「高校野球史上最高の投手」という声も多い。
 野球部引退後、猛勉強に励み慶応大学を受験したが失敗。法政大学に進学した。
 プロ入り時は「空白の一日」を経て、 1度阪神に入団した後にトレードで巨人に移籍したため、正式な経歴は「作新学院→法政大学→作新学院職員→阪神→巨人」なので阪神OBでもある。
 87年に現役を引退。現在はタレント、野球解説者として活躍中。人気回復の切り札として巨人軍監督就任を望む声も少なくない。

LAST UP 2006/09/03
 
作品   
関連人物
篠塚和典 新浦壽夫 原辰徳 松坂大輔 本宮ひろ志 山田久志 吉村禎章 和田毅

トップページへ戻る

Copyright(c)2007 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ