話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

千葉真子(ちば まさこ)


元陸上選手:マラソン・長距離。1976年7月18日生、京都府出身。
宇治高校(現・立命館宇治高校)卒業。身長155cm。本名:桜川真子。

 子供の頃から足が速く、小学生時代にマラソン大会で優勝。中学時代はテニス部だったが、持久走の速さを買われて陸上部に参加。短期間の練習ながら駅伝大会でエースとして活躍し、推薦で陸上の名門・宇治高校に進学。
 駅伝と3000mを専門とするも初心者同然ゆえ初めは練習についていくのがやっとだったが、2年生で全国高校駅伝に出場し、3年生はキャプテンとして全国高校駅伝準優勝。
 95年に旭化成に入社すると直後の記録会で10000m初挑戦ながら優勝。その後も好記録を連発して日本記録もマーク。96年の日本選手権で3位に入ってアトランタ五輪に出場し、10000mで5位に入賞した。
 97年にはハーフマラソンを日本記録で優勝し、世界陸上10000mで銅メダルを獲得。日本女子が世界大会のトラック競技でメダルを獲得するのは、アムステルダム五輪800m銀メダルの人見絹枝以来69年ぶりだった。
 世界陸上後マラソンに転向し、初出場の99年東京国際女子マラソンで5位入賞。しかし出場予定だった2000年名古屋国際女子マラソンを直前に欠場してシドニー五輪代表入りはならず。
 01年に旭化成を退社。佐倉アスリート倶楽部に入部して小出義雄門下となると、03年世界陸上のマラソンで銅メダルを獲得。世界陸上でマラソンとトラックでメダルを獲得したのは世界初の快挙だった。
 04年の大阪国際女子マラソンで坂本直子に敗れて2位に終わり、アテネ五輪代表入りはならず。同じく落選した高橋尚子が陸連の配慮で補欠を外れたため、補欠になる。
 05年に佐倉アスリート倶楽部から独立し、06年8月の北海道マラソンを最後に現役を引退。引退後はマラソン解説や指導で活躍し、10年には「千葉真子 BEST SMILE ランニングクラブ」を設立した。
 11年12月に8歳年下の競輪選手・桜川雅彦と結婚し、12年6月に第一子の長女、14年8月に第二子の次女を出産している。

LAST UP 2017/06/22
 
作品
関連人物
小出義雄 高橋尚子 増田明美
関連項目
北京オリンピック特集>聖火ランナー

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ