話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

有馬稲子(ありま いねこ)


女優。1932年4月3日生、大阪府出身。 本名 中西盛子(なかにし みつこ)。
夕陽丘高等女学校(現・夕陽丘高校)卒業。

 家庭の事情により4歳の時、韓国に住んでいた伯母の養女となる。終戦後伯母と共に日本に引き揚げ、実の両親のもとで暮らしたが馴染むことが出来ず、気性の荒い父親には毎日のように暴力を振るわれたと言う。
 女学校時代に友達に誘われて宝塚音楽学校を受験。宝塚のことをあまり知らず、レッスンも受けていなかったが見事合格。入学後伯母がかつて宝塚歌劇団に在籍していたことを知り、その頃の芸名「有馬稲子」を襲名した。
 宝塚歌劇団に入団すると花組に配属され、49年に初舞台。人気スターとして活躍したが、在籍中に出演した映画【 宝塚夫人 】が映画会社・東宝の目に留まり、53年に宝塚を退団して東宝に入社。その後は映画女優として数多くの映画に出演、55年に松竹に移籍した。一方で54年には岸恵子、久我美子らとプロダクション「にんじんくらぶ」を設立し映画制作も行った。
 61年に中村錦之助(後の萬屋錦之介)と結婚して女優業を離れたが、63年に中村扇雀(後の二代目中村鴈治郎)に誘われて出演した舞台【 浪花の恋の物語 】で復帰すると【 浪花の恋の物語 】は大ヒット。以降舞台女優として活躍し、64年の【 奇跡の人 】ではゴールデンアロー賞を受賞した。翌65年に中村と離婚している。
 その後「劇団民藝」に入団し、宇野重吉のもとで本格的に演劇修業に励んだが、69年に実業家と再婚(後に離婚)したのを機に退団。しかしその後も舞台での活躍を続け、代表作【 はなれ瞽女おりん 】は海外公演も行った。
 舞台を中心に映画、ドラマなどでも活躍し、現在話題のドラマ『やすらぎの郷』に一世を風靡したシャンソンの女王・及川しのぶ役で出演中。プライベートでもケア付きマンションに住んでいることを明かしている。

LAST UP 2017/06/28
 
作品
関連人物
天海祐希 北村和夫 真矢ミキ 山本富士子

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ