話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

赤木春恵(あかぎ はるえ)


女優。1924年3月14日-2018年11月29日。旧満州出身。
本名:小田章子(おだ あやこ)。

 旧満州で生まれる。産婦人科医だった父を3歳で亡くし、母親の女手一つで育てられる。9歳で帰国し、京都に居住。映画の助監督だった兄の影響で、女学校卒業後の40年にニューフェイスとして松竹に入社、女優・赤木春生(あかぎはるみ)となる。名付け親は映画監督・伊藤大輔。伊藤や稲垣浩監督などの時代劇で活躍し、当時の大スター・片岡千恵蔵にも可愛がられた。
 戦時中は慰問団に参加して各地を回り、その頃出会った森光子(12年に死去)とは戦後再会して親友となる。43年に大映に移籍するも戦火が激しくなり、45年2月に満州に渡って兄の劇団に参加。軍隊に召集された兄に代わって団長を務め、満州各地で慰問公演を行う。同様に慰問を行っていた喜劇役者・藤山寛美とも交流を持った。
 終戦後混乱を極めた満州で必死で生き延び、46年10月に帰国。片岡千恵蔵に誘われて大映に復帰し女優業を再開、片岡の勧めで芸名を赤木春恵とし、翌年東映に移籍。
 47年、死去した兄の息子を引き取る。兄嫁の再婚に伴うもので、後に養子縁組している。同年に東映のプロデューサーと結婚、57年に32歳で第一子となる長女を出産した。
 59年に東映を退社し、森繁久彌が旗揚げした自由劇団(後の森繁劇団)に参加。 森繁のもとで女優開眼し、72年に出演したNHK朝の連続テレビ小説『藍より青く』は最高視聴率53.3%を記録。全国的な知名度を獲得するとともに、脚本家・橋田壽賀子の目に留まって、74年に橋田脚本のNHK『四季の家』に出演、以降橋田ファミリーとして【 渡る世間は鬼ばかり 】などに出演。ドラマ、映画、舞台で活躍し、【 3年B組金八先生 】の校長先生役でも人気を得た。
 91年、44年間連れ添った夫をがんで亡くす。93年に紫綬褒章、98年に勲四等寶冠章を受章。07年には乳がんが見つかり、左乳房の全摘出手術を受ける。11年に舞台活動から引退するも、13年には【 ペコロスの母に会いに行く 】に主演し、「世界最高齢での映画初主演女優」としてギネス記録に認定された(88歳175日)。
 15年に大腿骨を骨折、自力での歩行が困難になる。17年、パーキンソン病を患い、要介護4であることが明かされた。
 18年11月、心不全のため死去した。94歳だった。

LAST UP 2018/11/29
 
作品
関連人物
石井ふく子 えなりかずき 音無美紀子

トップページへ戻る 

Copyright(c)2018 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ