話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

阿部雅司(あべ まさし)


スキー全日本ノルディック複合チームコーチ、元スキー選手。
1965年8月13日生、北海道出身。東海大学付属第四高校卒業。

 自宅の裏にスキー場が出来たため小学1年でスキーを始める。3歳上の兄に負けじと練習に励んだことでぐんぐん上達し、腕前を見た先生の勧めで3年生からジャンプ競技を開始。中学1年でノルディック複合に転向すると3年連続で全国大会に出場し、強豪・東海大四高に進学した。
 しかし高校1年の時に母親が他界。寂しさを紛らわせるため酒やタバコに手を出し、夜遊びにも明け暮れるなど練習に身が入らずにいたが、3年生になるとキャプテンに抜擢され名門・東京美装興業への就職も決定、父親が再婚した新しい母親の支えもあって再びスキーに打ち込み、全日本選手権(少年組)で優勝。インターハイ、国体でも2位になる活躍を見せた。
 84年の東京美装入社後は清掃仕事をこなしながら練習に励み、同年から全日本入り。85年にワールドカップ(W杯)に初出場し、86年には全日本選手権、国体で優勝。翌年は全日本選手権連覇を達成し、W杯でも6位に入って一躍日本のエースとなった。
 しかしメダルが期待された88年のカルガリーオリンピックでは個人31位、団体9位に終わる。一時はスランプに陥ったがその後復調し、90年に結婚したのを機に更なる飛躍を果して91年は世界選手権団体で銅メダルを獲得し、W杯でも初の表彰台を経験(2位)。
 2度目の五輪となった92年のアルベールビルオリンピックではまだ不慣れだったV字ジャンプに挑戦するも個人で30位に終わり、団体ではまさかのメンバー落ち(補欠)。日本初のノルディック複合金メダルを獲得して脚光を浴びる団体メンバーの横で一人辛い思いを味わい引退を決意したが、直後に夫人の妊娠が判明したため子供にスキーをしている姿を見せたいと考えて現役を続行、同年に第一子の長男が誕生した。
 その後はひたすらV字ジャンプ習得に励み、93年の世界選手権団体で金メダルを獲得すると94年のリレハンメルオリンピック団体でも悲願の金メダルを獲得(個人10位)。95年の世界選手権団体でも金メダルを獲得し、同年に現役を引退した。
 現在は東京美装興業スキー部コーチ、全日本ノルディック複合チームコーチを務め、バンクーバーオリンピックでのメダル獲得を目指したが団体が6位に終わるなどメダル獲得はならなかった。

LAST UP 2010/02/24
  
作品
【 著書・関連書籍 】 by Amazon.co.jp
関連人物
荻原健司 荻原次晴
関連項目
ソチオリンピック特集>選手名鑑>過去の出場選手

トップページへ戻る

Copyright(c)2010 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ